西洋占星術

2018年11月8日 木星射手座期スタートです

いて座は木星のホームグラウンド。

占星術の中では一番の幸運の星といわれている木星。

 

なぜかというと、木星のエネルギーは

拡大や成長、発展させることだから、

私たちが望むものを大きくしてくれる!という理由。

 

でも、実は望まないものも大きくしてしまうので

何を望むか?ちゃんとオーダーしましょうね。

 

生まれた時の木星と

今現在の木星がホロスコープ上で

重なることを

「ジュピターリターン」といいます。

 

すべての天体が常に動いているので

それぞれにリターン(回帰)があります。

 

太陽は約1年でホロスコープを1周しますから

誕生日の頃は毎年

「ソーラーリターン」

というわけですね。

 

木星がホロスコープを1周する周期は約12年です。

 

12年と言えば、

子・丑・虎・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

十二支と同じですね。

 

年男・年女の頃がちょうどジュピターリターンになります。

実際には、木星の運行は逆行があったりして

星座を移動しているので、

正確なホロスコープを出してみてくださいね。

 

参考までにこれまでの木星運行表から

射手座のエリアに木星がいた期間を記載します。

カッコ内はジュピターリターンを迎える年齢です。

 

1959年2月10日22:47~1959年4月24日23:14 (60歳)

1959年10月5日23:36~1960年3月1日22:11 (59~60歳)

1960年6月10日10:55~1960年10月26日11:59 (59歳)

1971年1月14日17:45~1971年6月5日11:18 (48歳)

1971年9月12日0:30~1972年2月7日4:33 (47~48歳)

1972年7月25日1:45~1972年9月26日3:19 (47歳)

1982年12月26日10:57~1984年1月20日0:02 (35~36歳)

1994年12月9日19:55~1996年1月3日16:22 (23~24歳)

 

特に48歳頃に迎えるジュピターリターンは

木星期といわれる46歳から55歳とも重なります。

ここで木星のパワーを良い方向へ使えると

人生は豊かになりますね。

(私もここに該当です)

 

60歳頃のジュピターリターンは

土星の回帰、サターンリターンとも重なるので

やはり人生において大きな転換期。

拡大してきたものを社会的にカタチにする時期です。

 

前回のいて座木星期は今から約12年前。

2006年11月24日13:44~2007年12月19日5:13でした。

 

当時の私を振り返ると

2007年7月にマイホームを建てました。

投資が好調でその利益を頭金にしていたようです。

今、確定申告書をみてびっくり(笑)

2007年の12月はとても幸せを感じていた時期でしたね。

 

そして、また木星はいて座へとやってきます。

前回はまだ占星術の知識もほとんどなくて知りませんでしたが、

こうして今、占星術を学んだことも

ベストタイミング。

 

もう一つ、私の話しで恐縮ですが

数秘術に出逢ったのも、

数秘術で見る運気の切り替わりの

ちょうど半年ほど前だったので

スタートのタイミングを逃しませんでした。

 

いつもブログで

起きることは最高で最善のタイミング、と

お伝えしているつもりですが、

どんなこともそう受け取ることが

人生をより豊かにするのではないかと

ますます思っています。

 

ジュピターリターンは12年に1度ですが、

その年に種を蒔くと

それがまた12年後に大きく育つといわれます。

 

さそり座木星期は11月8日にいて座にバトンタッチするまで

残り4週間です。

ジュピターリターンだった方は

この4週間を有効に活用してくださいね。

特に明日の18時54分に月がいて座へ移るまでの時間は

自分の本音としっかり向き合い

自分の使命を考えるとき。

 

天から与えられたギフト、

あなただけの才能や魅力を

どんな風に生かせるか?

 

考えてみてくださいね。

 

あなたが蒔いた種の実がなるのです。

 

そして、これからジュピターリターンを迎えるあなた。

私もジュピターリターンです💕

 

木星のポジティブなエネルギーを

大いに享受できるよう

それにふさわしい自分でありましょう。

 

過ごし方のヒントはこちら

 

あなたがあなたらしくますます輝けますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください