2019年の運勢 今年の課題編

テレビや雑誌でおなじみの星占いでつかわれる星座は、生まれたときのホロスコープの太陽の星座です。

太陽はほぼ1年でホロスコープの12星座を1周します。そのため、毎年ほぼ同じ期間に同じ星座を移動するので、生まれた日で太陽星座を知ることができるのですね。

占星術で使っているホロスコープには10個の天体があります。それぞれの天体を知ることで、より詳細な自分自身の持って生まれた資質や才能、傾向を知ることができるというわけです。

太陽は私たちの人生の目的を意味する天体とされています。

そして、土星は私たちの人生の課題を表すとされます。55歳ころからこの土星のパワーを使いこなせるようになるために、それまではそのことに苦手意識を持ちつつも取り組むのだといわれています。

土星のホロスコープ周期は約29年。1つの星座に2年半ほどの滞在です。山羊座に土星が入座したのは2017年12月20日。次の水瓶座へ本格的に移るのが2020年12月17日です。(途中、2020年3月22日から7月2日は水瓶座にいます)

約30年ぶりに土星が山羊座にいるということは、これまでの成果を現実化する、ルールを見直し新しい枠組みを作る。そんなタイミングです。

さらに、破壊と再生を意味する冥王星も山羊座にいる今。パラダイムシフトが起こり、これまでの慣習や制度、社会システムの大きな転換期になると考えれられるでしょう。

そしてこの後、2020年12月22日2時頃(なんとも「2」の多いこと(笑))、木星と土星がぴったり重なる20年に一度のグレートコンジャンクションが起こります。この時、冥王星も重なるためトリプルコンジャンクションとなり、私たちの社会は大きな変容を迎えるといわれているのです。

それでは山羊座土星期の2019年の運勢を太陽星座と土星との関係から読み解いてみます!

土星の制限・現実・乗越える壁・責任のエネルギーがどの分野にスポットライトを当てているか確認してみましょう。

 

 

牡羊座生まれ(3月21日~4月20日)

思い立ったら即行動。未知なる世界の開拓者としての資質を持っています。人への影響力も大きな人。そんな牡羊座太陽を持つ人の土星はホロスコープの10ハウスを運行します。10ハウスが表しているのは「天職・社会的地位・キャリア・野心」社会的評価を受け取り、義務や責任から逃れられない1年になりそうです。また、これまでの自分自身の行動に基づき地位や権力を確立させる年でもあります。目標やゴールを現実的に達成することがテーマ。

牡牛座生まれ(4月21日~5月21日)

マイペースで粘り強く進んでいきます。五感の発達に優れ、美しいものや快楽を追求する純粋な人。そんな牡牛座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの9ハウスを運行します。9ハウスが表しているのは「理想・専門的な学び・旅・冒険」自分の理想を目指して、ますます努力を重ねる1年です。ステージアップを目指して行動することで成長できる時。外国の文化に触れたり、哲学の学びも自分を高めるためのよい刺激となりそうです。理想に向かってチャレンジすることがテーマ。

双子座生まれ(5月22日~6月21日)

情報通でコミュニケーション能力にたけています。どんな場面でも冷静に判断でき、臨機応変に物事に対処できる人。そんな双子座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの8ハウスを運行します。8ハウスが表しているのは「相続・遺産・贈与・秘密」特定の組織や人物とのつながりや絆を深める1年です。受け継ぐことや継承することで自分自身が生まれ変わるような体験をする人も。他者との関わりによって自分が変わることがテーマです。

蟹座生まれ(6月22日~7月23日)

繊細で共感性が高く、大切な存在を守るためにはとても献身的な人。家庭や自分の所属する団体のために戦います。そんな蟹座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの7ハウスを運行します。7ハウスが表しているのは「対人関係・パートナーシップ」上司や目上の方から社会へ出ていくためのきっかけが与えられそうな1年です。耳の痛い厳しいアドバイスや指導はあなたが社会で認めてもらうために必要な助言の可能性大。素直に受け止め自分を磨きましょう。理想の相手にふさわしい自分づくりがテーマです。

獅子座生まれ(7月24日~8月23日)

王者の風格をまとい華やかな舞台が似合います。ドラマチックに自分の人生を表現する人。そんな獅子座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの6ハウスを運行します。6ハウスが表しているのは「労働・健康・責任・義務」仕事が多忙になり無理をしやすい1年になりそうです。自分のしたいことというよりは、周囲に依頼されることが増えそう。健康面で自分の弱い面が露呈するときなので、きちんと休息をとるように心がけてください。健康のために生活習慣を見直すタイミングです。働き方や健康のための習慣を見直すことがテーマです。

乙女座生まれ(8月24日~9月23日)

相手の期待に完璧に応えようと努力をします。社会常識を重んじ、実務能力抜群のできる人。そんな乙女座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの5ハウスを運行します。5ハウスが表しているのは「自己表現・娯楽・恋・勝負事」。自分自身が楽しい、と思えることをやり通す覚悟を試されるような1年になりそう。また、これまでと違ったお金の使い方をするようになるかも。自分の人生の楽しみ方がテーマです。

天秤座生まれ(9月24日~10月23日)

バランス感覚抜群で誰とでも仲良くやれる協調性を持っています。センスが良くてエレガントな人。そんな天秤座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの4ハウスを運行します。4ハウスが表しているのは「居場所・家・地元」自分の居場所における責任や義務、役割が変わりそうな1年です。例えば家族の中で今までは「子ども」の立場で甘えられたのが、「大人」としての責任を負うことになったりするかも。実家に戻る、親と同居するなどの変化がある人も。自分の心のよりどころとなる場所の基盤を強くすることがテーマです。

蠍座生まれ(10月24日~11月22日)

洞察力と真理を見抜く鋭い感性の持ち主。なかなか自分を見せないので神秘的な雰囲気を持ちます。精神力が強く目標を必ず達成する人。そんな蠍座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの3ハウスを運行します。3ハウスが表しているのは「コミュニケーション・知識・研究・身近な人との関係」生活に役立つ知識を学んだり、それを発信する機会に恵まれる1年です。これまで何も興味がないと感じていた人は何か興味を持てるものが見つかるかも。遠回りに感じるような基本的な学習を余儀なくされることも。自分の才能を広げる努力がテーマです。

射手座生まれ(11月23日~12月22日)

高い理想を抱き、知識と経験、そして自由を求めます。視野が広く行動力がある人で学び続ける人です。そんな射手座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの2ハウスを運行します。2ハウスが表しているのは「お金・才能・収入・財産」。自分の持っている才能や資質を生かして収入が得られているかのチェックが入る1年です。収入アップの可能性もあります。コレクターさんは掘出し物に出会えるかも。自分の才能や好きなことで継続的な収入を得る努力がテーマです。

山羊座生まれ(12月23日~1月20日)

目標に向かってコツコツと地道な行動を続けられます。社会常識を重んじ、堅実で信頼される人。そんな山羊座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの1ハウスを運行します。1ハウスが表しているのは「自分自身・見た目」これまで以上に責任感が芽生えたり、レベルアップして責任の思い立場になる1年です。これから30年の自分の生き方の軸をつくるため、これまでの生き方をリセットすることも。自分自身の生き方の再構築がテーマです。

水瓶座生まれ(1月21日~2月19日)

今よりも新しい世界を常に求め、革新精神を持っています。議論を好みますが、相手の個性も尊重しフレンドリーです。独立心旺盛で新時代の寵児となる人も。そんな水瓶座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの12ハウスを運行します。12ハウスが表しているのは「見えない世界・潜在意識・癒し・奉仕」外へ向けての活動は減り、精神や心の世界での成長が進む1年になりそうです。これまで溜め込んだ感情が溢れ出してドロドロしたものを吐き出すことで次のステージへ進みます。自分の心と向き合うことがテーマです。

魚座生まれ(2月20日~3月20日)

共感力が高く相手のために自分を犠牲にすることを厭いません。芸術的才能に富み自分の世界に没頭することに喜びを感じる人です。そんな魚座太陽を持つ人の今期の土星はホロスコープの11ハウスを運行します。11ハウスが表しているのは「友人・コミュニティ・サークル活動・未来」自分にとって本当に必要な仲間とのつながり以外は整理する1年になりそうです。新しく始めた趣味にはまることも。自分の未来のための時間の使い方がテーマです。