自分らしさ

チャンスの時期を見計らう

イギリスの哲学者、ジェームス・アレンの「原因と結果の法則」は読まれましたか?

私たちはどんなときも、自分が蒔いた種(原因)の実(結果)を手にしています。

 

今が旬の桃やブドウを食べたいと思ったら、

適切な時期に種をまき、手入れをして成長を見守ります。


桃の種をまけば桃の実がなり

ブドウの種をまけばブドウがなります。

 

目標達成の上手な人は

ゴールを設定し、そのために必要な行動を

逆算して実行する人です。

 

蒔いた種が理想どおりに成長するように

水をあげたり、肥料をあげたり

時には間引きや剪定をして不要なものを取り去って

心を込めて育てることで

おいしい果実を手に入れます。

 

私たちは、好奇心が旺盛で

新しいものについ目と心を奪われやすい性質を持っています。

 

せっかく蒔いた種のことをないがしろにして

育ちかけた芽を枯らしてしまうことも多いもの。

 

種ばかり蒔いても、お世話をしなければ

おいしい果実を手に入れる確率は下がります。

 

最近の私は、種を蒔くばかりでお世話ができていなかったなと

ちょっぴり反省の新月前です。

 

お世話のタイミングには

お世話をすることで

おいしい果実を手に入れるチャンスが

より増えるのです。

 

明日は新月。そして日蝕です。

 

古い自分とさよならして、新しい自分に生まれ変わるには

ピッタリのタイミング。

 

あなたはどんな自分に変わりたいですか?

 

あなたがあなたらしくますます輝けますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください