心理学

ステージアップの法則

今いる場所が自分に合わないと感じるあなたへ

 

日本では、学校を卒業して就職したら、ずっと一つの会社で勤めることが

当たり前、良いことと考えられていた時代があります。

今もそういう価値観の人も多いかもしれません。

 

私はこれまでアルバイトも含めると10以上の職場で働き、独立しました。

転職が多いことをネガティブに捉える人もいますが、

海外ではスキルアップをし、より高い収入やスキルを目指して

職場を変えることは、一般的です。

 

(やみくもに転職を推奨するわけではありません。数ヶ月で自分に合わない、と判断をするのは早過ぎるでしょうし、少なくとも2年は続け、その中で自分にできることをする姿勢は大切だと思っています。)

 

ゲームでも、だんだん強くなるとステージが変わりますよね。

 

今いる場所が、合わないように感じてつらいなら、

それはその場所から卒業し、新しいステージへ進むときかもしれません。

これまでしてきた自分の行動パターンを振り返ってみましょう。

 

今、十分満足で、幸せを感じているなら

そのパターンを変えることはありませんが、

もし、今の状態に不満や違和感を感じているのなら、

それは、今までの行動パターンに気づき、

変えるタイミングかもしれません。

 

学生時代は、小学校から中学校、高校、専門学校、大学と、

ステージに合わせて進学していましたよね。

 

社会に出てからステージを変えるのは自分自身です。

 

同じ場所にずっといることがいけないわけではありませんが、

人間の成長欲求を満たすためには、変化を恐れず進む勇気が必要なときもあるのではないでしょうか。

 

自分の心の声に耳を傾けてみましょう。

 

今いる場所がなぜイヤなのでしょう?

今いる場所の何に違和感を覚えるのでしょう?

本当はどうありたいと思っているのでしょう?

 

ステージアップするとき、これまで同じ場所にいた人が

あなたを引き留めようとします。(揺り戻しの法則)

 

「やっぱり私にはムリかもしれない」

そんな気持ちになるときもあるでしょう。

 

そんなときこそ、自分が本当にしたいことが何かを

しっかり感じてみましょう。

 

あなたがあなたを信じて選択したことは、

必ずあなたの幸せにつながります。

 

間違っていたと思ったら、修正すればいいだけです。

 

どんな経験も、必ず自分の人生に必要で大切な経験なのだから。

 

あなたがあなたらしくますます輝けますように。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください