自分らしさ

やる気を引き出すコミュニケーションのコツ

今春から部下や後輩の指導をされる人や、独立起業する方、就職して先生になる方など、人を育成する業務に携わる人もいらっしゃると思います。

経営者や管理職、先生や親、リーダーなどの立場になると、部下やスタッフ、生徒や子ども、メンバーとの対話で、相手のやる気を引き出すことを考えて言葉を選ぶ力が必要ですね。

 
伝えたいことを、きちんと伝えるためにも、まずは自分自身が何をどうしたいのか、を明確にして、言語化することが大切です。
 
人間は、多くの人が指示や命令を好みません。自分で考えて自分で行動したいものです。
 
「思い」はそれぞれの人がそれぞれに持っています。自分の思いだけが正しい、と思いが通用するのは幼児までです。相手の思いも尊重するという前提がないと、相手のやる気を奪ってしまっている可能性が高いと思います。
 
立場に上下はありますが、関係には上下はありません。やる気を引き出せる対話は、トレーニングで身につけることができます。
 
ネガティブな言葉を言われたときに、どんな感じを受けるでしょうか。
 
できない、だめ、ムリ、むずかしい、という言葉は、たとえそれが真実であっても、言われた人にとっては自分を否定されたような、自分を大切に扱ってもらえないような気分になりやすいものです。
 
物は言いよう、という言葉があるように、同じことを伝えるときに、どんないい方ができるか、を自分で考えてコミュニケーションをとることは、信頼関係を築くためにとても役に立つ方法です。
 
あなたがあなたらしくますます輝けますように。
潜在意識, 自分らしさ

【無料プレゼント中】出会いの季節に向けて 「イメージトレーニングで理想の自分になる」

 

 

 

 

 

 

昨日の春分の日は大荒れのお天気になった地域もありましたね。

みなさまのお住まいのところはいかがでした?

さて、もうすぐ新年度です。

進級や進学、就職、異動などで環境が変わる人も大勢いらっしゃると思います。

自分に自信が持てなくて、なかなか人と積極的にかかわれない

同じパターンを繰り返して失敗ばかりしている

憧れる人はいるけれど、しょせん自分には無理だとあきらめている

そんな人はいませんか?

私たちの未来は、今の自分が選択することができます。

引き寄せの法則では、願えば叶う!のような極端なメッセージを伝えている人もいますが、現実はそんな風に願っただけですぐに変わることはありません。

でも、正しいステップで自分自身を再プログラミングすることで、私たちは理想の自分に変わることが必ずできるのです。

無料の冊子ですが、書き込み式になっているので、このワークに取り組んでいただければ、きっと理想のあなたになる日はすぐにやってきます。

この機会にぜひ、お申込みくださいね。


心理学, 潜在意識, 自分らしさ

リフレーミングで一瞬で自分が変わる?

リフレーミングという言葉を聞いたことがありますか?

枠組み(フレーム)を一旦外して、新しい枠組みを作り直すことを意味しています。

私たちの「考え方」とは、生まれてから経験したこと、見聞きした情報によって、

「これは正しい」
「これは間違い」
「これが良い」
「これは悪い」

などと判断し、現在の考え方の枠組みを作っています。

事実と見解の違いに気づくと、人生で感じるストレスは大幅に減らすことができます。

リフレーミングは、事実と見解の違いに気づくのに大いに役立つスキルです。

ものごとを多角的にみるトレーニングは簡単にできます。

次の質問を繰り返しましょう。

「違う角度で見たらどう見えるだろう?」
「このことから学べることは何だろう?」

「物は言いよう」という言葉があります。
言葉の力は私たちに大きな影響を与えます。

脳力をもっと活用して自分らしい人生を創造しましょう。

あなたがあなたらしくますます輝けますように。

自分らしさ

『人間関係がスーッとラクになる コミュニケーション9つのヒント《職場編》』を無料プレゼント!

3月は別れと出会いの季節ですね。

就職や進学、進級などで環境が変わる方も多くいらっしゃいます。

すぐに仲良くなれる人もシャイな人も

自分と相手の違いを知ることでコミュニケーションのコツがつかめます。

数秘術をもとに、職場でのコミュニケーションのヒントをまとめてみました。

トップページからお申込みくださいね。